<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
SEARCH
<< アメリカ人留学生現る。 | main | 「日本人のための英語教育研究ブログ」 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2008.02.25 Monday  | - | - | - | 

留学生の入れ知恵

 先日の英語の授業中のこと。「形容詞的な分詞の後置修飾」といった単元を学習していた。例えば “The girl standing by the window is my sister.”(窓のそばに立っている女の子は私の妹です)のような文である。教科書の中に例文がいくつか載っているのだが、その中に “The seats assigned to us were quite noisy.”(私たちに割り当てられた席はかなりうるさかった)という文があった。生徒に音読でリピートをさせていたのだが、そこで、思わぬまったが入った。「コノイイカタハ、シマセン。」 例の留学生のリサ(仮名)である。一瞬教室が異様な雰囲気に包まれだが、次の瞬間「おーっ」という歓声にも似た生徒たちのリアクション。教師としては面子丸つぶれである。「なんだよ、この教科書まちがってるの?」、「リサすごーい」、「さすがネイティブ」などさまざまな言葉が飛び交う。そこで、リサにどこがおかしいのかと理由を聞くと、“a seat is noisy” つまり「席がうるさい」というのはありえない、ということであった。うるさいのは周りの席に座っている人であって座席そのものではないと言うのである。でも待てよ。それは言い方であって、日本語だって席の周りの人たちがうるさいときに「席がうるさい」と表現できるように、英語だってOKなのではないか。では例えば、“This room is noisy.”(この部屋はうるさい)とは言えないのか。部屋にいる人がうるさいのだという理由で、「うるさい部屋」は“the noisy room”ではだめなのか。その逆の“the quiet room”(静かな部屋)も間違っているのか。そうは思えなかったので、授業中は「なるほど。」といいつつも、「じゃあ、あとで調べておくよ。」と言って終わった。
 その後学校にいるネイティブスピーカーの教員3人に尋ねたところ、やはりこの例文はおかしくない、という結論に至った。3人とも単純に日本語で「席がうるさい」というように“The seats are noisy.”という表現も使えるということだった。何冊かの文法書にも照らし合わせたのでこの情報は確実なものと思われる。「じゃあ、なぜリサは間違いだと言ったのだろう」と尋ねると、そのネイティブ教員たち曰く、“Because she is too young.”(彼女はまだ若いから)ということであった。なるほど私の思ったとおりだ。
 例えば日本の高校生がアメリカで日本語の表現の正誤をすべて正しく教えられるかといえば、そうとう優秀な生徒でない限りまず無理だろう。それと同じことであるはずなのだが、うちの生徒たちは「一アメリカ出身少女(17歳)」の言うことを微塵も疑わず鵜呑みにしたわけだ。「ネイティブが言っているのだから間違いない」というのである。この件をうけて、「もっと生きた英語を学びたい。」という生徒の発言もあった。彼らの言う生きた英語とはどのようなものを指すのか。学校で教えている英語は「死んだ英語」だということか。
 次の日の授業では、さらなるリサの入れ知恵が炸裂した。リサのうしろの席の生徒はbicycle(自転車)という単語が英作文中に出て来ると、「先生、リサがbicycleなんて実際言わないって言ってますよ。」というのだ。中1のときから自転車=bicycleと信じて疑わなかった生徒たちにとっては驚愕の事実である。私が「ああ、bikeって言うってこと?」と聞くとその生徒はうれしそうにそうだと言った。「そりゃ、自転車とチャリンコほどの違いだよ。」とだけ説明しておいたが、言いたいことは山ほどあった。しかし、リサがいる手前、「お前らは一人のアメリカ人高校生が言った事をすべて鵜呑みにするのか。自分が日本語についてどれほどの自信があるか考えてみれば、いくらネイティブとは言え高校生の英語力がどれほどのものか察しはつくはずだ。たまたまリサは自転車ではなくチャリンコという表現を使った。では英語としてチャリンコの正式名称である自転車という単語を覚える必要はないのか。そんなはずはないだろう。」とはさすがに言えなかったのである。
 このことがあってからというものの、新しい表現を勉強するたびに「実際こんな言い方するんですか」と聞く生徒が出てきた。これでは、留学生が生徒たちの勉強の刺激になるどころか逆効果である。結局そういう生徒たちが一番知りたいと思っているのは、「くだけた英語」なのだ。同世代のアメリカ人と仲良く、かっこよく英語でコミュニケーションをとりたいのである。そのためにはむしろ堅苦しい表現は習うだけ無駄。邪魔者とうわけだ。習っただけについうっかりダサい表現を使ってしまっては格好悪い。最近よく見かける、内容の極めて薄い、くだけた表現を載せている英会話の教科書はいい教材なのかもしれない。生徒たちの言う 「生きた英語」とはすなわちそういうことだ。ちなみに、女子たちが逆の立場でリサに日本語を教えるときには、決まって「女子高生ことば」なのである。
2007.06.16 Saturday 17:25 | comments(9) | trackbacks(3) | 英語・英語教育 | 

スポンサーサイト

2008.02.25 Monday 17:25 | - | - | - | 
milesta (2007/06/17 1:45 PM)
話し言葉は使う人によって変わってくるので、厄介ですね。

こちらでも年配の人たちは、「若者の言葉遣いは、けしからん。」と怒っています。たとえば“mad”を「すごく良い」という意味で使うのはおかしいと。日本の「やばい」に似ていますね。

それから、英語を全く習ったことがない移民などは、“bike”は知っていてもやはり“bicycle”は知らない。でもそれだけで「教養のない人」と思われてしまう場合もあります。また砕けた会話英語は流暢でも、語彙が少ないと、抽象的な話題や社会性の強い話題ができず、人間関係も表面的なものになってしまいがちです。

うちはオーストラリアにいるので、イギリス英語がベースになっています。英語の先生は、アメリカ英語の教材などを使うなと言い、アメリカ的な発音や表現は直されます。(“I wanna”は禁句です。)でもたぶん、アメリカでオーストラリア英語をしゃべったらバカにされるのでしょうが。

やはりカルマさんが書かれているように、正統な英語をきちんと学んでおけば、どこに行こうと、誰と話そうと、恥ずかしくないですよね。崩すのは、その後でも遅くないと思います。
カルマ (2007/06/17 9:42 PM)
 去年ニュージーランドへ語学研修に行った生徒がmilestaさんのおっしゃるように現地で「アメリカ英語をしゃべるな」と言われたそうです。今年は実は私が引率教員でして、1ヶ月後にNZへ出発します(2週間)。なんだかんだ言って私はアメリカで英語を学んだので、困ったものです。I wannaは禁句。NZでもきっとそうでしょうね。気をつけます。
(2007/06/21 11:30 PM)
結局「何のために英語を学ぶか」という共通理解が全くないからこういう自体に陥るんだと思うんです。

例えば英語圏の外人と話すためなら砕けた英語を学べばいいし、洋書を原著で読む教養の入門としてならきちんとした英語を学ぶ必要がある。

そういうところを何も決めずにただなんとなくやっているから、学校で英語なんてやる意味ないんですよ。
やるならきちんと目的を定めないと。
岩田温 (2007/06/22 7:43 AM)
いつもお世話になっております。
大変興味深い内容でした。私だったらその生徒を怒るだろうなと感じながら読んでいました。


私は英会話が全く苦手で、唯一できるのが洋書で政治哲学の本を読むことですが、もっと文法をしっかり勉強しておくべきだったと反省することしきりです。読む本が保守的な本なので文体がこっているわけです。学校英語は決して無駄ではないと考えています。

カルマ (2007/06/22 11:11 AM)
 耕さん。おっしゃるとおりだと思います。100年前の日本であれば、西洋の文化・技術を取り入れることが急務であったため、英語を学ぶ目的がはっきりしていました。ところが今は、明確な目的がない。いまや砕けた英語なんて学校外でいくらでも学べる時代です。学校に通わなくても学べることを学校で学ぶなんて意味のないことです。社会で学べないことを学ぶのが学校であるならば、英語は一言語でありながらもあくまでも学問であってほしいと思います。小手先の英会話の技術なら街中でいくらでも学べるのですから。


 岩田さん。ご無沙汰しております。
岩田さんのおっしゃる学校英語こそがまさに街中では学べない類の英語だと思います。ところがいまや、文法の基礎を確立すべき中1の教科書で「ハンバーガーショップでの注文の仕方」などという馬鹿げた内容を扱っている始末です。会話文は極めて文法的な発展性に乏しいものです。そういう小手先の英語を「生の英語」だと言って重宝がっているいまの英語教育はやはりおかしいと思います。
 ちなみに、昨日がリサの3ヶ月留学の最終日でした。今後生徒たちには、リサがいるときには言いづらかったことも懇々と諭していきたいと思っています。
milesta (2007/07/04 9:47 AM)
こんにちは。
昨日の産経新聞に「ネイティブの英語より、アジア人がきちんと学んだ英語の方が国際社会で通用する。」というような文章が載っていました。
もうご覧になったかもしれませんが、参考までにアドレスを置いておきますね。↓
http://www.sankei.co.jp/seikatsu/seikatsu/070703/skt070703000.htm
カルマ (2007/07/06 11:29 PM)
 milestaさん。
 わざわざありがとうございました!産経新聞とっているのに気づいてませんでした・・・。
ふみこ (2007/08/08 10:55 PM)
ご無沙汰しております。
急ですが、ブログのアドレスを変更しました。
新アドレス↓
http://blog.livedoor.jp/fumiko10/
今後とも宜しくお願いいたします。

なでしこ通信 ふみこ
(2009/02/27 1:17 AM)
2度目の書き込み失礼いたします。
経験で100%を考えて物を言うのが人間であるならば、彼女の意見も真実なのかもしれないですね。その年代ではと言う条件は付くかもしれませんが。
プロである教員の教える英語は、それこそビートルズ時代の言葉にも、今回の彼女みたいな年代にも通じる基本重視の英語なのかなーとも感じました。
私は40代後半ですが、今の高校生が使う日本語は難しく感じる事結構あります。









-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/06/23 6:35 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/06/29 3:06 PM |
風呂に見られる男女意識の違い
 裸の付き合い 日本では「裸の付き合い」が、大変重視されている。「一緒に風呂に入り、背中を流し合う」という意味である。日本人は風呂好きで、一緒に風呂に入ることで、何も包み隠さずオープンにするとの意味があり、より親密な人間関係を築く方法の一つである。..
| 中国から見た中国と日本の違い | 2007/06/30 11:39 AM |