<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
SEARCH
<< 脱・「日本を滅ぼす英語教育」 | main | 生徒を連れて大学訪問。がしかし・・・ >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2008.02.25 Monday  | - | - | - | 

「英語で修身」の実践 「孝行」

 「英語で修身の内容をやると良い」と言っているだけでは始まらないので、とりあえず修身の教科書から短めのものを抜粋して英語に直してみた。
 以下は、二宮金次郎を題材にした、第三期(大正7年〜)の「尋常小学修身書 巻三 児童用」から第3項「かうかう」(孝行)である。

(英文)
 Filial Piety
 Ninomiya Kinjiro’s family was very poor. Kinjiro had always helped his parents ever since he was a little boy. When Kinjiro was fourteen years old, his father died. Their life became even harder, and so Kinjiro’s mother had to leave her youngest son with her relatives. However, every night after that, she was too worried about him to sleep well. Considering his mother’s feelings, Kinjiro said to her “I’ll work hard for you and my brother so that we can live all together again. Please bring back my little brother.” His mother was very glad to hear that and hurried to her relative’s house to get her little son back. After that, They lived happily together.
Filial piety is the beginning of virtues.

(原文)
第三 かうかう
二宮金次郎は、家が大そうびんぼふであつたので、小さい時から、父母の手だすけをしました。
金次郎が十四の時父がなくなりました。母はくらしにこまつて、すゑの子をしんるゐへあづけましたが、その子のことをしんぱいしてまいばんよくねむりませんでした。金次郎は母の心を思いやつて、「私が一しやうけんめいにはたらきますから、おとうとをつれもどして下さい。」といひました。母はよろこんでそのばんすぐにしんるゐの家へ行つて、あづけた子をつれてかへり、おや子いつしよにあつまつてよろこびあひました。
 孝ハ徳ノハジメ。

「修身」全資料集成

修身のことを知ろう!
「修身」全資料集成 (四季社)
序:渡部昇一 監修・解題:宮坂宥洪

2006.10.09 Monday 02:56 | comments(0) | trackbacks(0) | 英語・英語教育 | 

スポンサーサイト

2008.02.25 Monday 02:56 | - | - | - |